英語を極める理系サラリーマンのブログ

アラサーの理系サラリーマン, どこまで英語ができるようになるか
挑戦するブログです。様々な英語表現に加え,外国人と友達を作る
方法やおススメの教材などを紹介しています。

がんばる

「がんばり続ける」 keep my nose to the grindstone

だいぶ暖かくなってきましたね。
夜でも暖房なくても大丈夫なくらいです。

さて,昨日に引き続き,今日も「頑張る」系の表現です。


無題


keep my nose to the grindstone
身を粉にして頑張る,頑張り続ける,こつこつ頑張る

grindstoneとは写真のとおり,石臼や回転式の砥石のことです。
石臼を回すのに必死で気が付いたら前のめり,
自分の鼻が石臼にくっつくかのごとく,頑張るっていうところでしょうか。

Keep your nose to the grindstone and your efforts will pay off.
頑張り続けなさい,そうすれば努力が報われるから。

「頑張り続ける」といえば persevere ですね。

Since I've persevered singlemindedly, I could pass the exam.
一心に頑張り続けてきたので,試験に合格することができた。 

英語の勉強もブログもコツコツ続けていこうと思います。

★今日の表現★
keep my nose to the grindstone 身を粉にして頑張る,こつこつ頑張る
persevere 辛抱して頑張り続ける

「気合を入れて頑張る」 get stuck into


PAK85_oyakudachisimasu20140830500-thumb-260xauto-5263



ブログ開設,第一弾の記事です。

ブログも勉強も「気合を入れて」頑張ることが大事です。
そんなときに使える表現をご紹介します。

get stuck in / get stuck into

「張り切って取り組む,気合を入れてやる」

という意味になります。
後ろに目的語ない場合は,get stuck in,ある場合はget stuck intoになります。

ちなみに,get stuck だと「困る」という意味です。

Let me know if you get stuck.
困ったら教えてくださいね。

Let's get stuck in! 
気合入れてやりましょう!

I think he's gotten stuck into his new job.
彼は新しい仕事に熱心に取り組んでいると思います。


面白いことに,get stuck intoは「がつがつ食べる」という意味もあります。

I got stuck into my dishes because I haven't eaten enough these days.
最近まともに食べてなかったから,がつがつ食べたわ。

蛇足ですが,がつがつ食べるは他に,
dig in, gobble, chow down(スラング), scarf(スラング)
などでも表せます。

Let's dig in!
Let's chow down.
さあ食べよう!

I'm hungry to death so please let me gobble my food.
死ぬほどお腹すいてるから,がっつかせてね。

Don't scarf your food.
がっつくんじゃありません。

★今日の表現★
get stuck in/get stuck into「①気合を入れて取り組む ②食べ物をがつがつ食べる」
dig in「がつがつ食べる」
chow down「食事をとる」(スラング)
gobble「がつがつ食べる」
scarf「がつがつ食べる」(スラング)


それではまた!



RSS
アラサーの理系サラリーマンがどこまで英語を極められるか挑戦しています。元は大の英語嫌いでしたが,英語を使って仕事をしたいと考えながら勉強しているうちに,今ではTOEIC900点を超えるまでになりました。ブログでは色々な表現や,英語の勉強方法,役立つサイトや,日本で外国人の友達を作る方法などなど。英語に関する記事を毎日発信しています。
フォローはこちらから
RSS Follow me
ランキングに登録しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



記事検索